JACCA第10回セミナー:データで考察「越境ECの現状と可能性」 3月21日(木)18時から(登壇者:本谷知彦氏)

経済産業省EC市場調査を長年担当したECアナリストで、JACCAのスーパー・アドバイザーも務める本谷氏が登壇。日本から海外への越境EC売上高のみならず、諸外国のEC市場や越境ECの活用度、日本からの貿易額等など、具体的なデータを豊富に用いて考察し、日本企業にとっての越境ECの可能性について語ります。

是非ご参加下さい。

主催 JACCA日本越境EC協会

日時2024年3月21日(木)17時30分開場 18時スタート
場所お申し込み頂いた方にご連絡致します。
セミナー方法リアルのみ(ZOOM配信はありません)
参加人数20名限定
費用ゴールドパートナー:5,000円(税込)
特別法人会員:7,000円(税込)
無料会員:9,000円(税込)
非会員:12,000円(税込)
※セミナーと懇親会込みの総額です。
※懇親会のみご参加は出来ません。あらかじめご了承ください。

※セミナー費用は、当日現金にてお支払い下さい。領収書を発行させていただきます。

※スケジュール
セミナー(登壇者によるプレゼン及び質疑応答):1時間半程
食事とお酒を囲んだ懇親会:2時間程(21:30が終了目処)

※キャンセルポリシー
JACCAではSGDsの考え方を基にフードロスを削減するため、親睦会の参加人数を正確に店舗へ連絡をしております。従いまして前日、当日のキャンセルにつきましては100%のキャンセル料がかかりますので、予めご了承下さいますよう、お願い致します。


セミナーのポイント

  • 諸外国のEC市場の規模や今後の伸び予測は?
  • 諸外国の消費者の越境ECへの関心度は?
  • 日本から諸外国への輸出の状況は(商材/金額)?
  • 日本から諸外国への越境ECの販売規模は?
  • なぜ日本企業にとって越境ECは重要なのか?
登壇者プロフィール

株式会社デジタルコマース総合研究所

代表取締役 ECアナリスト 兼 JACCA スーパー・アドバイザー
 本谷 知彦 (もとたに ともひこ)

1990年大和総研入社。ITの主任研究員、金融システム系コンサルタント等を経て、2013年より国内外の産業調査・コンサルティング業務に従事。2017年チーフコンサルタントに就任。2014年から2020年にかけて7年連続で経済産業省の電子商取引市場調査を手掛ける。2021年末に同社を退職し、2022年1月にECに特化した日本初のシンクタンクとして株式会社デジタルコマース総合研究所を設立。現在に至る。


お申し込みは以下のフォームよりお願い致します。

    必須貴社名

    任意部署名

    必須参加者1

    任意参加者2

    任意参加者3

    任意参加者4

    必須連絡先

    代表者電話番号(日中連絡の取れる電話番号)

    ※半角、ハイフン無し

    代表者E-Mail

    任意ご紹介者

    プライバシーポリシー をご確認頂き、同意いただける場合はチェックを入れてください。

     同意する

    日程などの詳しいご案内は、メールにてお知らせします。

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。